眼内レンズ手術

眼内レンズ手術は、眼内にレンズを移植して光の屈折を変え、近視や乱視を矯正し視力を回復させる視力矯正手術。眼内の水晶体を温存したままレンズを挿入する治療法は、「有水晶体眼内レンズ挿入術」や「フェイキックIOL」などとも呼ばれています。

フェイキックIOLで、主に使用されるレンズには「前房型」「後房型」といった種類があり、それぞれ眼内でレンズをセットする位置が異なります。

前房型フェイキックIOL

前房型有水晶体眼内レンズでは、ポリメチルメタクリレートまたはシリコーン製といった、白内障治療で使用されるレンズと同じ素材で作成された人工レンズを使用。角膜と虹彩の間に固定し、光の屈折率を変化させて屈折を矯正します。

ICLのほかに国内でよく行われるフェイキックIOL は、「Artisan/Artiflex」という手術ですが、これらは前房型に当たります。

前房型フェイキックIOLのメリット

  • 高度近視や角膜が薄いため、レーシックやPRKでは適応できない人でも、手術が可能
  • 角膜を削らずに眼内レンズを挿入するため、光学的な損失がない
  • 調節力が温存される
  • レンズを取り外して術前の状態に戻すことが可能
  • レンズが合わなかった・屈折変化が生じたなどの場合、レンズ交換が可能

前房型フェイキックIOLのデメリット

  • Artisanレンズの場合は、同じ日に両眼の手術が不可
  • 術後、眼圧が高くなることがある
  • 眼に強い力で物がぶつかると、虹彩からレンズが外れる場合がある
  • 白内障手術の際、レンズは取り外す
  • 虹彩の形状によっては、レンズに汚れが付くことがある
  • 虹彩に穴をあけられるため、視野の下方で光ることがある

後房型フェイキックIOL

後房型有水晶体眼内レンズは生体適合性が高く、眼の中に入れても異物感を認識されにくいコラマーという素材からできています。

タンパク質や細胞等の粒子が沈着せず、炎症が起こりにくく、長期間にわたって眼内で安定します。ICLは後房型です。

点眼麻酔後、耳側の白目・黒目の境目の角膜を切開、ICLを切開創から虹彩と水晶体の間に挿入します。位置を調整し、目薬で瞳孔を縮めて終了です。

後房型フェイキックIOLのメリット

  • 高度近視や角膜が薄いため、レーシックやPRKでは適応できない人でも、手術が可能
  • 角膜を削らずに眼内レンズを挿入するため、光学的な損失がない
  • 調節力が温存される
  • レンズを取り外して術前の状態に戻すことが可能
  • レンズが合わなかった・屈折変化が生じたなどの場合、レンズ交換が可能

後房型フェイキックIOLのデメリット

  • 白内障手術の際、レンズは取り外す
  • まれに白内障を誘発する
  • 術後、眼圧が高くなることがある
  • 虹彩に穴をあけられるため、視野の下方で光ることがある

乱視矯正用のトーリック眼内レンズとは

トーリック眼内レンズは、強い乱視を矯正する機能のある折り畳みタイプの眼内レンズで、3.2mmという小さな切開創で手術を行うことが可能です。角膜乱視が強い場合に使用すると乱視の程度を抑えられ、裸眼での見え方が今よりも良い状態になるように改善できます。

しかし乱視であれば何でも対応できるというわけではなく、-2ジオプター以上の方が対象となります。その他の場合、手術前にデータを見て対応可能な状態かを判断していきます。

トーリック眼内レンズの特徴

トーリック眼内レンズは乱視を矯正するためのレンズです。乱視補正用の機能に特化しており、一定の距離で焦点を合わせる単焦点レンズや特殊な構造をした多焦点レンズなどがあります。
主に白内障後に起こり得る角膜乱視を防ぐために用いられていて、単焦点レンズの場合は保険適用の範囲で治療を受けることが可能です。

乱視の強い方でもトーリック眼内レンズにすることで、個人差はあれど乱視が改善されます。ただし、乱視が無い方が使用すると目に不具合を起こす可能性があるので、乱視が入っているかどうかを医師が検査で確認し、適応するかどうか見極めます。

通常の眼内レンズとの違い

通常、眼内レンズは近視・遠視の矯正目的で用いられるものですが、トーリック眼内レンズは白内障治療および乱視矯正に使用されるレンズです。
もともとの目的・用途が異なるため、同じように検査を受け、手術することはできません。

また、トーリック眼内レンズの中には、フロスト加工を施し、接着面とトーリック眼内レンズの接合面での摩擦力が期待できるものもあります。形状は、通常のIOLが四角い形になっているのに対して、トーリック眼内レンズは勾玉を合わせたような変わった形をしています。

白内障治療など眼科疾患治療の際は多焦点レンズを使用することで、すでにある乱視の症状を改善させることが可能です。ただし「レーシックやPRKが適合しない人でも手術が可能」というわけではなく、あくまで乱視がある方に対してのみ使用されます。

また、金額の違いとして、乱視補正用のトーリック眼内レンズは通常のICL・前房型フェイキックIOLよりも高額になりやすいようです。
理由としては、トーリック眼内レンズのほとんどが自由診療であることが大きいでしょう。
ただし単焦点レンズに限り保険適用が可能なので、白内障治療などを受ける場合は単焦点のものを選択すれば費用の負担を減らすことができます。

トーリック眼内レンズの場合、同じ前房内に挿入する前房型フェイキックIOLと比較すると、トーリック眼内レンズはまれに眼圧が高くなるというリスクが抑えられており、色味も感じやすくなっています。乱視補正用のトーリック眼内レンズの場合、前房型フェイキックIOLと比較すると、まれに眼圧が高くなるというリスクが抑えられています。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153