レーシック

ここでは視力回復のために用いられる矯正術の1つ、レーシックについて、メリットデメリットや手術の流れを紹介しています。

レーシックとは

レーシックとは、レーザー光線で角膜の中央を削って角膜のカーブを変える方法で、屈折異常を手術によって矯正する方法です。
削った中央の角膜の形状が変化するため、削られた角膜は薄くなって元には戻りません。
世界初のレーシックは1990年にギリシャで行われ、アメリカでは1998年以降からは屈折矯正手術の主な治療法となっています。日本では2000年1月に厚生労働省の認可が下りてから現在まで、20年間使用されてきており、安全性をより高めたレーシックを行っているクリニックもあります。

レーシックのメリット・デメリット

レーシックのメリット

  • 眼鏡やコンタクトレンズなしで不自由なく見える
  • 広く普及している
  • 比較的費用が安い

レーシックのデメリット

  • 角膜を元に戻すことができない
  • ドライアイになる可能性がある
  • 近視の戻りが起こる可能性がある
  • 強度近視は受けられない
  • 夜間に視力が低下する可能性がある

レーシック手術の流れ

  1. 1.目薬タイプの麻酔薬で手術前の点眼麻酔をする
  2. 2.フラップをもとの位置に戻せるように角膜に2か所マーキング。開眼器を使ってまぶたを固定しておき、レーザーで角膜の表面を削ってフラップと呼ばれるフタを作成。
  3. 3.フラップを開けて、事前に行った適応検査のデータをもとにレーザーを使って近視・乱視を矯正。照射は目の前の光を見ている10~30秒(強度により変化)の間に実施。
  4. 4.水分や気泡などをしっかりと取り除いて消毒。フラップを最初にマーキングした位置に戻し、点眼をしたら施術終了。

レーシックの効果

遠視・近視・乱視を矯正し、メガネやコンタクトが必要ないレベルまで視力の回復を期待することができます。
手術によって作ったフラップは手術後の時間の経過とともに自然とくっついて、日常生活に問題のない強度に近づきます。

レーシックにかかる費用

簡易適応検査費用 クリニックにより異なる
詳細適応検査費用 クリニックにより異なる
レーシック手術 片目13万円~ 両目20万円~

レーシックの注意点・受けられない人

注意点

遠視や近視・乱視・裸眼での視力を向上させる手術となっています。加齢で進行する老眼にはあまり効果が期待できないので注意が必要です。

受けられない人

レーシックの手術には、ある程度は角膜に厚みが必要になるため、20歳以上に適応した施術となっています。角膜が薄い方、目に疾患がある方、近視の進行がある10代といった若年層は手術を受けられません。
また妊娠中・不妊治療中の方、パイロットや格闘家といった特殊な職業の方も不可となっています。

レーザー手術と同様に視力矯正が望める
眼内レンズ手術(ICL)

近年では視力矯正手術の一つで、眼内にレンズを挿入して治療を行う眼内レンズ手術(ICL)が注目されています。

レーシック手術と比べて、角膜を削らないので、より身体への負担が少ないことや、強度近視以上では、レーシック手術以上に鮮明で自然な視力回復を望めるという特徴があります。

治療法を選択する際は、それぞれの屈折矯正治療法の特長をよく理解した上で医師に相談するようにしましょう。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153