ラセック(LASEK)

レーシックと類似の屈折矯正術として、「ラセック」と呼ばれる手術があります。ラセックとは、どのような手術で、レーシックとはどのような違いがあるのでしょうか。レーシックと比べた場合のメリット・デメリットについても解説します。

ラセックとは

ラセック(LASEK)とは、レーシック(LASIK)と同じように、角膜にエキシマレーザーを照射することによって視力を矯正する手術です。
レーシックとの違いは、角膜にフタ状の「フラップ」を形成しないという点。アルコールを使用して角膜の上皮をやわらかくした後、上皮をはがして角膜に直接レーザーを照射するという術式です。
この「フラップを作らない」という点が、レーシックと比較した場合のラセックのメリットになり、デメリットになる場合もあります。詳しく見ていきましょう。

ラセックのメリット・デメリット

ラセックのメリット

  • レーシックが適用できない人にも手術できる
  • 衝撃に耐えやすい
  • 術後のドライアイが比較的軽い

レーシックで「フラップ」を作るためには、角膜に厚みがあり、形状も整っている必要があります。一方のラセックは、角膜が薄かったり、形状に異常がみられたりなどの場合でも適用可能です。
また、フラップを作らないため「衝撃に耐えやすい」というメリットもあるので、スポーツをよくする人などに向いています。
レーシックは術後にドライアイの症状がみられることがありますが、ラセックはそれが軽くなりやすいのもメリットです。

ラセックのデメリット

  • 術後しばらくの間は違和感が続く場合がある
  • 1週間ほどは保護用のコンタクトレンズが必要
  • 視力の回復に時間がかかる

フラップを作らないラセックは、角膜上皮が不安定になりやすく、術後しばらくの間、およそ1~2週間は違和感が続く場合があります。
そのため術後の1週間ほどは、保護用のコンタクトレンズを着用することが必要です。
レーシックでは多くの場合、手術の翌日には視力が回復しますが、ラセックの場合は視力回復までの期間が長く、およそ1週間はかかります。

ラセック手術の流れ

  1. 1.麻酔
  2. 2.角膜上皮をアルコールに浸しやわらかくしてから、角膜上皮を薄くはがす
  3. 3.「エキシマレーザー」によって角膜を矯正
  4. 4.角膜を保護する「コンタクトレンズ」を着用して完了

ラセックの効果

遠視・近視・乱視を矯正し、メガネやコンタクトが必要ないレベルまで視力の回復を期待することができます。
手術によって作ったフラップは手術後の時間の経過とともに自然とくっついて、日常生活に問題のない強度に近づきます。

ラセックにかかる費用

簡易適応検査費用 クリニックにより異なる
詳細適応検査費用 クリニックにより異なる
手術 片目18万~36万円

上記の金額は、両目を手術した場合で、検査費や術後の検診まで含めた合計費用の目安です。ラセックを受けるクリニックによって、費用に大きな差があります。技術力にも差があるので、口コミや公式ホームページの情報などを参考にしながら、費用だけで選ばないことも重要です。

レーザー手術と同様に視力矯正が望める
眼内レンズ手術(ICL)

近年では視力矯正手術の一つで、眼内にレンズを挿入して治療を行う眼内レンズ手術(ICL)が注目されています。

レーシック手術と比べて、角膜を削らないので、より身体への負担が少ないことや、強度近視以上では、レーシック手術以上に鮮明で自然な視力回復を望めるという特徴があります。

治療法を選択する際は、それぞれの屈折矯正治療法の特長をよく理解した上で医師に相談するようにしましょう。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153