主な視力矯正手術の種類と特徴

レーザー手術の種類

近視・遠視・乱視をなおすには、メガネやコンタクトレンズ、そして手術による方法があります。
手術にはいろんな方法がありますが、一般的にはレーザー屈折矯正手術(レーシック・ラセック、PRKなど)が、認知度の高い治療法です。

レーザー等を用いて角膜の業面を薄く削り、フラップを作ります。そしてふた状となったフラップをめくり、
角膜実質の中央にエキシマレーザーを照射。角膜のカーブの緩急が変化します。
この効果によって視力が矯正されます。

アルコールを用いて柔らかくした角膜上皮だけのフラップを作り、エキシマレーザーを照射し、
視力を回復する治療法。角膜の薄い人でも手術でき、衝撃に強いため、
激しいスポーツをする人にも対応が可能といったメリットがあります。
デメリットは、視力の安定に時間がかかること、アルコールを使用するため
角膜への負担がかかることなどです。

PRK

レーザーを用いて角膜表皮を除去した後、角膜にレーザーを照射して視力矯正する治療法。
メリットは高度の近視や、角膜厚が薄い場合でも手術可能、フラップがないため、
フラップに関するトラブルがないことなど。またデメリットは角膜上皮が再生することによって、
術前より厚くなる場合があること、一次的に角膜上皮を完全除去するため、術後に痛みがあることなどです。

眼内レンズ手術の種類

眼内の水晶体を温存したまま、レンズを挿入する治療法は一般的に
「有水晶体眼内レンズ挿入術」や「フェイキックIOL」などと呼ばれています。
フェイキックIOLの種類は「前房型」と「後房型」とあります。

前房型

前房型有水晶体眼内レンズは、人工レンズを使って角膜と虹彩の間に固定し、光の屈折率を変化させて矯正する治療法。
「Artisan/Artiflex」の手術は、前房型に当たります。

後房型

ICLは後房型の眼内レンズです。後房型有水晶体眼内レンズはコラマーという素材からできており、長期間にわたって眼内で安定します。

【番外】トーリック眼内レンズ

乱視に特化した機能を持つトーリック眼内レンズは、白内障治療や乱視矯正で用いられる眼内レンズです。角膜乱視を改善することで、裸眼時の見え方を改善します。乱視に悩んでいる方にとって、視力矯正と同じように視力サポートとして役立つ方法です。

その他の施術

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、手術をせずに視力を矯正する治療法です。
治療には専用のコンタクトレンズを使用。レンズ内側の複数の特殊カーブによって、角膜の形状を変化させ、ピントが合う角膜の形に矯正していきます。
治療方法は、就寝中に装用し、起床時に外すだけ。一時的に矯正された状態になるので、日中は裸眼で過ごせます。
裸眼のため、激しいスポーツなどが思いきりできるのも特徴です。

視力矯正手術と眼鏡・コンタクトレンズの違い

費用は高めですが、一度手術を受ければ眼鏡やコンタクトレンズが要らない生活を送れるのが視力矯正手術です。主にレーザーで角膜を変形させて視力矯正を行う方法、目の中に小さなレンズを入れる方法があります。

眼鏡・コンタクトレンズでは矯正できない歪みを治療したり強度近視・強度乱視を矯正することもでき、手入れがなくスポーツや生活に制限がかからないことから、競技や職業上の問題で眼鏡やコンタクトレンズが負担になる、常に着けるのが難しいという方に適しています。

眼鏡やコンタクトは着けている間の視力を矯正してくれる道具です。手入れの手間や紛失するリスクなどはありますが、コストが安く手軽に着けられることから、昔から多くの方が利用しています。

眼鏡は装用時間の制限が少なく誰でも装着できるアイテムです。一方、コンタクトレンズは外見が変わらないのが特徴ですが、使用方法によっては眼に障害が起こる可能性があるほか、長時間の装着で⾓膜内⽪にトラブルを招くこともあります。

ただし大本の視力が回復するわけではないため、あくまで補助的なものと考えるべきでしょう。

視力自体を回復する視力矯正手術とあくまで矯正する補助具である眼鏡・コンタクトでは目的が異なります。自分の体に負担が少ないか、無理なく受けられるかといった点を鑑みて選ぶことが大切です。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153