痛み

コンタクトレンズを装用していると、眼に痛みを感じることがありますよね。
しばらく様子をみていると自然に治っていくこともありますが、深刻な目のトラブルに繋がることも。
ここでは、コンタクトレンズ装用時に眼の痛みを感じた際の、疑われる原因を解説します。

コンタクトによる痛みの原因

角膜上皮びらん

コンタクトレンズによる機械的な刺激などが原因で、生じる場合があります。
軽症だと主な症状は「異物感」や「目がしみる」など。重症だと「激しい目の痛み」「充血」「まぶたが腫れる」などが主な症状になります。状態をそのまま放置しておくと悪化し、「角膜浸潤」や「角膜潰瘍」まで引き起こすことも。また、「角膜浮腫」など、別の病気と合併するケースもあります。

角膜浸潤

角膜にキズができて、角膜上皮と角膜実質に炎症を起こしている状態です。
症状は通常、違和感から始まって激しい痛みや充血を伴います。
ですが、ソフトコンタクトレンズではハードコンタクトレンズに比べて自覚症状がない場合もあります。
角膜上皮にキズがついてもソフトコンタクトレンズで痛みを抑えられることがあり、悪化するまで気づかなかった、なんていうことも。悪化すると角膜上皮の一部がなくなってダメージが進み、「角膜潰瘍」まで引き起こすこともあります。

角膜潰瘍

「角膜浸潤」の悪化で、深いキズが角膜の表面の上皮にとどまらず、実質にまで進行してしまい、実質の一部が濁ったり、薄くなったりした状態です。激しい痛みや異物感、充血を伴い、視力の低下や光の乱反射で虹輪視が発生、光がまぶしく、痛く感じることも。涙が止まらなくなり、結膜が常に充血している状態になります。

急性角膜上皮浮腫

コンタクトレンズの長期装用などが原因で低酸素状態になり、角膜上皮細胞が代謝障害を起こして、浮腫が生じること。角膜上皮剥離を高い割合で合併します。
レンズをはずした直後、または数時間たった後に激しい痛み、流涙、充血、異物感、視力低下などの症状が現れます。

瞼裂斑(瞼裂斑炎)

コンタクトレンズの装用時に痛みがある場合、瞼裂斑炎という症状が起きている可能性があります。瞼裂斑とは、白目と黒目の間にできる膨らみのこと。瞼裂斑がコンタクトレンズと触れてしまうことで炎症を起こし、充血や痛みなどの症状が現れます。
原因の一つとして、コンタクトレンズの大きさが目に合っていないなどのフィッティングの悪さが挙げられます。瞼裂斑があるとコンタクトレンズがずれやすくなり、見え方にも影響が出てきます。特にハードタイプのコンタクトレンズを使用している場合、瞼裂斑とレンズが触れやすく、症状が悪化することもあるため注意が必要です。

レンズケア用品による眼障害

普段使っているコンタクトレンズのケア用品が痛みの原因になっている場合もあります。
例えば、ケア用品をまちがった手順で使っているということ、こすり洗いをしていない、レンズケースの手入れ不足などが挙げられます。また、ケア用品を正しく使っていたとしても、洗浄液に含まれる薬剤や防腐剤が合わず、アレルギー反応を起こしてしまうという事例も。体質によっては角膜上皮障害や結膜炎の症状を引き起こし、痛みの要因となります。
コンタクトレンズを使用するにあたり、日頃から正しい方法でレンズケアを行う、適切なケア用品を選ぶといった対策が何より大切です。

コンタクトによる痛みの改善方法

コンタクトの使用を控える

痛みを自覚しているのに放っておくと、ようやく受診した時にはすでにひどくなっていることもあります。
コンタクトレンズは医療機器です。問題があるのに使い続けるのは危険。眼科を受診して必要であれば使用を控え、眼の安全を守りましょう。

視力矯正手術を受ける

コンタクトレンズの継続装用が困難な場合や症状から開放されたい場合などは、視力矯正手術を受けるという手段もあります。
矯正手術には、「レーシック」のほか、角膜を削らず、身体への負担が少ない眼内レンズ手術(ICL)といった選択肢もあり、手術の適応があるか否かは眼科で検査できるので、まずは医師に相談してみてください。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153