めやに

メガネを装着している時は何でもないのに、コンタクトレンズを装用するとめやにが増える気がする、といった人は多いのではないしょうか?
コンタクトレンズ装用中にめやにが出やすい時の疑われる原因を解説します。

コンタクトによるめやにの原因

巨大乳頭結膜炎

レンズの汚れなどが原因で、上まぶたの裏側である結膜にブツブツができる、アレルギー性の眼障害です。
めやにが増える、かゆくなるなどの症状があり、レンズが上にずれやすくなります。
使い捨てでないコンタクトレンズを使用している人に多くみられ、最近は増加傾向にあります。
原因は、コンタクトレンズの表面に着くタンパク質などの汚れによるアレルギー反応です。
この汚れがアレルギー反応を引き起こし、結膜の炎症引き起こすことになります。

アレルギー性結膜炎

花粉やほこり、ダニなどが原因で、白目の部分やまぶたの裏側に炎症が起こり、
白目が充血したりかゆくなったり、涙やめやにが出てくるといった症状が出ます。
コンタクトレンズを使用する人は花粉症の症状がひどくなる傾向があります。
その原因は主にレンズの汚れにあります。原因は、コンタクトレンズに付着するタンパク質や、
脂質などなどのレンズ汚れ。タンパク質や脂質には吸着性があり、
眼に空気中に浮遊している花粉や微生物を引き付けやすくしてしまうのです。

ドライアイ

目を守るのに欠かせない涙の分泌量が少なくなったり、
涙の質のバランスが悪くなったりすることで、目の表面が乾く病気。
コンタクトレンズにはハードレンズとソフトレンズがありますが、
ハードレンズは水を吸わないため、コンタクトレンズの表面は乾くものの、
角膜の間の涙液は乾燥しません。ソフトレンズは水を含む性質があるためレンズの表面はもちろん、
眼表面の涙液を吸収するため、目が乾燥しやすくなります。

コンタクトによるめやにの改善方法

コンタクトの使用を控える

めやにを自覚しているけれど放置している人は多いと思います。ですが異変を感じていざ受診した時には、
すでに障害がひどくなってしまっていることもあります。
放置して、そのまま使い続けることは危険です。異変を感じたら使用を控えるようにし、
定期的に眼科を受診して、指示された装用方法・装用時間を守って使いましょう。

視力矯正手術を受ける

コンタクトレンズの継続装用が困難な場合や症状から開放されたい場合などは、
視力矯正手術を受けて視力を回復させるという手段もあります。
矯正手術には、「レーシック」のほか、角膜を削らず、
身体への負担が少ない眼内レンズ手術(ICL)などの選択肢もります。
手術の適応があるか否かは、眼科で検査できるので、まずは医師に相談してみてください。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153