充血

コンタクトレンズを装用していると、目が充血する場合がありますよね。
様子をみているとしばらくして自然に治ることもありますが、もしかしたら深刻な目のトラブルに繋がるサインかもしれません。ここでは、コンタクトレンズ装用時に目が充血した際の、疑われる原因を解説します。

コンタクトによる充血の原因

酸素不足

コンタクトレンズの長時間装用で、眼の酸素不足に陥る可能性があります。より多くの酸素を取り込もうと結膜の血管が拡張することから、充血が発生します。

ドライアイ

コンタクトレンズ装用は、裸眼に比べて目が乾燥しやすいといわれています。乾燥が強い場合、ごろごろ感や目のかゆみ、充血の症状が主にみられます。その理由は、涙の量が関係しています。
涙の力を利用して、目の表面に浮かび、視力矯正してくれるコンタクトレンズ。使用することで涙がコンタクトレンズに吸い取られる、また蒸発しやすくなる、と涙の状態が変化しやすくなるため、ドライアイになりやすくなります。

角膜炎

角膜に炎症が起こっていると、主に目の充血や痛み、涙が出るなどの症状がみられます。
コンタクトレンズを装用している人に、多くみられる病気です。

アレルギー性結膜炎

レンズに付着したタンパクに対して、アレルギー反応を起こすケースがあります。長期間汚れたままのレンズを装用することで、目の充血やかゆみ、異物感の原因になります。

コンタクトによる充血の改善方法

コンタクトの使用を控える

充血症状を自覚しておきながら放置しておくと、いざ受診した時には、すでに障害がひどくなっていることもあるので定期的に眼科を受診をしましょう。
また、自分の眼に合わないコンタクトを使い続けることは危険です。目の安全のために、不調がある場合は使用を控えるようにしましょう。

視力矯正手術を受ける

視力矯正手術によって視力を回復させ、コンタクトの使用を辞めることで症状改善を望むこともできます。
視力矯正手術には「レーシック手術」のほか、角膜を削らず身体への負担が少ない「眼内レンズ手術(ICL)」という選択肢もあります。
手術の適応があるか否かは、眼科で検査できるので、医師に相談してみてください。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153