乾燥感

コンタクトレンズを装用している人の中で、最も自覚症状の多いのが「乾燥感」ではないでしょうか。
特にソフトコンタクトレンズ装用の場合、その8割の人が自覚していると言われています。
コンタクトレンズ装用中に目が乾燥してしまう原因を解説します。

コンタクトによる乾燥感の原因

ドライアイ

目が疲れやすい、乾燥を感じるといった場合は、ドライアイの可能性があります。
ドライアイとは、目を守るシステムの異常が起こり、目の表面に傷や障害が生じる病気のことです。
コンタクトレンズを使用することで、涙がコンタクトレンズに吸い取られ、涙の分泌量の不足、涙の成分のバランスの悪さ、涙が均一に流れないなどの要因になります。
涙はコンタクト表面とまぶたとの潤滑剤の役割をもっているため、涙の不足によりコンタクトレンズ表面とまぶた内側の粘膜は摩擦を生じ、まぶた内側の細胞の障害によって、乾燥感に伴う症状が現れます。

まばたきの回数が少ない

まばたきは、涙の分泌を促す刺激となったり、目の表面全体に涙を行きわたらせる働きを担っています。
長時間のパソコン作業やテレビ鑑賞などで、まばたきの回数が減ることで涙が出る量も減り、眼の乾燥を引き起こしていまいます。

マイボーム腺機能不全

目の乾燥感や、ゴロゴロするような違和感がある場合、マイボーム腺の詰まりが原因である可能性も考えられます。マイボーム腺とは、目のふちにある分泌腺のこと。脂を分泌し、目の表面を潤してくれる働きをしています。このマイボーム腺が詰まり、脂を出せなくなってしまう状態がマイボーム腺機能不全です。
詰まりを放っておくと、乾燥感が強くなり、痛みが出てくることもあります。原因ははっきりとはわかりませんが、コンタクトレンズも一つの要因であると言われています。マイボーム腺機能不全の場合、コンタクトレンズが脂で汚れてしまうのも特徴です。

角膜表面のキズ

角膜の表面に、点状のキズがある状態を点状表層角膜症といいます。この状態になると、まれに乾燥感や異物感が現れるように。そのまま放置すると、治りにくい角膜の病気へとつながるケースもあるので要注意です。
点状表層角膜症の状態を引き起こす主な原因は、コンタクトレンズの装用によるものがほとんど。中でも特に気を付けるべきは、ハードタイプのコンタクトレンズの使用です。ハードレンズの性質により、点状表層角膜症を発症しやすくなります。他にもコンタクトレンズの不適切な使用やレンズのフィッティングのずれ、サイズの合わないレンズの装用などは避けましょう。

コンタクトによる乾燥感の改善方法

コンタクトの使用を控える

乾燥やドライアイを自覚しているのに放置しておくと、いざ受診した時にはすでに症状がひどくなってしまっていることも。異変を感じたならコンタクトレンズを使い続けることは危険です。目の安全のために、使用は控えるようにしましょう。

点眼液を使用する

一般的に眼科で行われるのが点眼薬による治療です。
涙液の量の不足を補う薬として、人工涙液があり、涙とほぼ同じ濃度の食塩水で不足している水分を補います。
また角膜表面に傷があれば傷を治す薬としてビタミンB2が配合されている点眼薬が用いられることもあります。

視力矯正手術を受ける

早く症状から開放されたい場合や、コンタクトレンズの使用が困難な場合は、視力矯正手術という手段もあります。
矯正手術には、「レーシック」のほか、角膜を削らず、身体への負担が少ない眼内レンズ手術(ICL)などの選択肢もあります。
手術の適応があるか否かは、眼科で検査できるので、まずは医師に相談してみてください。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153