異物感

コンタクトレンズを装用していると、目がゴロゴロする、何か異物が入っているような感じがする、といった人は多いのではないでしょうか。しばらくすると自然に治ることもありますが、もしかすると、深刻な目のトラブルに繋がるサインかもしれません。

こんな心当たりがある人に対して、ここではコンタクトレンズ装用時に目に異物感があるときの、疑われる原因を解説します。

コンタクトによる異物感の原因

点状表層角膜症

角膜の最表層にある上皮層の細胞が、数個から数10個単位で部分的に脱落してしまっている状態です。
酸素が不足していたり、レンズと角膜が摩擦したりすることなどが原因で起こります。
悪化すると角膜上皮の深い層まで脱落してしまう「角膜上皮びらん」になることがあります。

角膜上皮びらん

「点状表層角膜症」が悪化し発症する場合のある、「角膜上皮びらん」。
角膜上皮の一部がはがれた状態のことです。軽症では異物感・目がしみる、重症では激しく目が痛む・充血・まぶたが腫れる、といった症状があります。
放置していると悪化し、「角膜浸潤」や「角膜潰瘍」の病気にまで繋がってしまいます。

角膜浸潤

角膜にキズができ、炎症が上皮と実質に達している状態。悪化すると角膜上皮の一部がなくなってしまい、さらに深い層までダメージが進みます。
通常では激しい痛みや充血を伴いますが、ソフトコンタクトレンズの場合だと自覚症状がない、または角膜上皮にキズがついていても痛みが抑えられて、気づくのが遅れる、なんていうこともあります。
知らないうちに悪化すると、「角膜潰瘍」にまで繋がってしまうこともあります。

角膜潰瘍

角膜浸潤がより悪化することで、角膜表面の上皮だけでなく、深いキズが実質にも進行して部分的に欠損した状態です。まれに角膜に孔が開いて、失明に至ることもあります。

コンタクトによる異物感の改善方法

コンタクトの使用を控える

異物感を自覚しておきながら放置しておくと、いざ受診した時にはすでに症状がひどくなってしまっていることもあります。コンタクトレンズは角膜にのせるものなので、注意していても症状がでることがあります。
異変を感じながらそのまま使い続けることは危険です。目の安全のために、使用を控えるようにしましょう。

視力矯正手術を受ける

視力矯正手術によって視力を回復させ、コンタクトの使用を辞めることで症状改善を望むこともできます。
視力矯正手術には「レーシック手術」のほか、角膜を削らず身体への負担が少ない「眼内レンズ手術(ICL)」という選択肢もあります。
手術の適応があるか否かは、眼科で検査できるので、医師に相談してみてください。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153