治療の流れ

ICLの治療の流れを解説します。

1まずは適応検査を実施

ICLの治療を決めたら、クリニックに適応検査の予約をします。

その後、手術の前に適性検査を行います。手術の安全性や精度をより高めるために、手術前の検査は重要です。
検査結果をもとに、安全に手術可能な状態かどうかを判断します。

一般的な検査項目としては、下記の通りになります。

  • 自覚的屈折検査
  • 他覚的屈折検査
  • 角膜形状解析
  • 眼圧検査
  • 角膜内皮細胞検査
  • 瞳孔径測定
  • 視力検査
  • IOLマスター
  • 散瞳後屈折値
2眼科専門の医師による診察

医師の角膜の状態や水晶体、網膜、視神経等の診察による検査をおこなったあと、検査結果をもとに、その人に合わせたプランを提案します。

3その人に合わせたレンズを用意

適正検査や診察から、その人の眼の状態に最適なレンズを用意します。

4手術前の準備

手術日の3日前から手術当日まで、殺菌作用と術後の感染予防を目的とした点眼を、1日に4回行います。

5手術当日の再検査

レンズが用意できたら手術を行います。
手術の前には、前回の診察時から眼の状態の変化がないかをもう一度検査し、問題がなければ手術になります。

6手術実施前の点眼麻酔

手術となったら、開始30分前から数回に分けて点眼麻酔を行います。

7手術を実施する

再度目の消毒をして点眼麻酔を追加し、手術を開始します。強膜と角膜の境目を数ミリ切開しレンズを挿入、レンズの位置を調整し、固定します。
点眼して瞳孔を縮めて終了。片目で平均15分程度の手術です。

8術後の診察・チェック

手術の後は30分~2時間程度、院内で安静にします。その後医師の診察でレンズの状態や眼圧などのチェックを行い、問題なければ帰宅できます。

もしレンズの固定位置に問題があった場合、ICLレンズの位置修正もしくは入れ替えすることがあります。
また、必要に応じて降眼圧薬の点眼・内服を追加で処方することもあります。

9術後の検診

手術の翌日、3日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、 6ヶ月後、1年後をめどに、眼の状態や様子などを診察・検査します。1年後以降も定期検診はあります。
手術後の経過により、受診する回数が変わることもあります。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153