費用

ICLにかかる適応検査、レンズ、定期健診の費用について解説します。
どの程度の費用がかかるかは施設によってバラつきがありますが、例として、滋賀でICLを受けられるクリニックでかかる金額を見ていきましょう。

滋賀でICLを受けられるクリニックの費用例

おぐりクリニック長浜院

ホールICL(穴あきICL)

  • 後房型:片眼300,000円~
  • 全房型:片眼220,000円~
  • 術後検診料・治療薬料金:術後1年間のみ年間で30,000円

お問合せ先:0749-65-2377

森井眼科医院

  • 適応検査:手術の不可を見定める簡易検査は無料。詳細検査は6,000円
  • 手術代及び、術後3か月間の診察・検査代(片眼):330,000円~

お問合せ先:077-522-2153

ICL手術の際に費用がかかる項目

近年、新しい屈折矯正手術として話題となっている「ICL(眼内コンタクトレンズ)」。
厚生労働省に認可されている治療法ですが、ICL手術はレーシックと同じく「自由診療」で、公的健康保険は適用になりません。
ICL手術ではその前後で必要とする検査や、術後の検診にも費用が発生します。

ICLの手術までの流れ

ICL手術の流れとしては、以下となっていて下記の項目それぞれに費用がかかると思っておいた方が良いでしょう。

  • 適応検査:ICL治療が行える眼かどうかを判断する。
  • 術前検査:ICLの度数、レンズの大きさを決定するための検査行う。
    検査の結果によっては別の日に検査を追加する場合がある
  • 手術:点眼麻酔をし、折りたたんだレンズを、虹彩と水晶体との間に挿入し、固定する手術を行う。
  • 手術後の検診:術後は、経過応じて多少変動するものの、大体翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、
    6ヵ月後、1年後と定期検診を行う。(3年経過後も、年に一度の検診)

ICLとコンタクトレンズのコスト比較

上に記載したように、ICL手術費用は一見高いと思われるかもしれませんが、コンタクトレンズを使用した場合、1ヶ月で5,000円程度の1DAYタイプだと、1年間で60,000円程度の費用になります。
それを10年使用し続けた場合は600,000円。別途で検査費などもかかります。ICLは、1回だけの治療で半永久的に視力を回復することができるため、コンタクトレンズの長期使用と比較しても、コストは抑えることができると言えるでしょう。

※コンタクトレンズを1年間使用した場合にかかるコスト6万円程度
=( 1DAYコンタクトレンズ代 2590円×両目分で5180円/ 眼科への受診料は含まず)と想定。

ICL手術の費用相場

ICLの手術に限ったことではありませんが、視力矯正手術は自由診療となる場合がほとんどです。そのため、保険が効かず、治療費は高額になる傾向があります。費用相場は60万円前後で、乱視が入っていると費用はさらに高くなるでしょう。

他にも、レーシックの手術よりもトラブルが少ないことから、費用が高めに設定されているケースもあります。負担を抑えたいと考えているのであれば、加入している民間保険の内容を確認しておくのがベター。保険会社のプランによっては、ICLのような有水晶体眼内レンズ挿入手術が対象となっていることもあります。

また、眼科によって、ICLの治療費に手術代や診察代、投薬代を含めている場合と、別に請求されるケースがあります。治療費は安く設定されていても、診察代や投薬代を合わせると、負担費用が多くなってしまうこともあるため、事前にしっかり確認しましょう。
大抵の眼科では、手術代は当日支払うことになっています。ローンやクレジットカード決済を行っているところもあるので、一括払いが難しい方は、相談を考えている眼科が対応しているか確認してみましょう。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153