ICLとは?知っておきたいこと

ICLとは、眼の中にレンズを入れて視力を矯正する治療法。
使用されるコンタクトレンズの英名「インプランタブルコンタクトレンズ」の略からきています。
レンズの素材は無色透明の、生体適合性の高いもの。柔らかくしなやかで、
小さく丸めて挿入できるといった、眼に優しく丈夫な素材です。
目の中で汚れたり曇ったりせず、ゴロつき、異物感などもほとんどありません。
手術時間は片目で10分程度と短時間。基本的に両眼同日の日帰り手術です。

ICL治療について、気になる項目をまとめてみました。

費用

ICL手術を検討するにあたって、費用は気になるところ。
手術の流れは、「適応検査」、「術前検査」「手術」「手術後の検診」ですが、
それぞれの項目に費用がかかると思っておく必要があります。
ここでは、費用例として滋賀の「おぐりクリニック長浜院」と「森井眼科医院」をご紹介しています。

リスク・合併症

角膜を削らない、レーシック治療が困難な人でも手術可能なことから、 
最近、レーシック手術に代わって認知度が上がりつつあるICL。
安全にしっかりと配慮されている治療法ですが、リスクが全くないわけではありません。
ここでは、ICL特有の合併症である「眼圧の上昇」「白内障」を詳しくご紹介していきます。

治療の流れ

ICL手術をするにあたっての、全体の流れが事前にわかっていれば安心ですよね。
ここでは、「適応検査」から「手術後の検診」までの、詳しい流れをご紹介していきます。

ICLの再手術

100パーセント完璧な医療行為が存在しないように、ICLもレンズとの相性やさまざまな不可抗力によって再手術が必要になる場合も。たとえばレンズのサイズや度数が合わない、軸がずれるといったものから、ごくまれに感染を起こすケースもあります。ここでは再手術の原因について紹介しています。

体験談

ICL治療の概要を理解することができても、なかなかイメージが湧いてこない人もいるでしょう。
実際に治療を受けた人の話は、治療を受ける上での安心感に繋がるのではないでしょうか。
ここでは、治療や術後について分かるような体験談をいくつかご紹介しています。

眼内コンタクトレンズの種類

眼内コンタクトレンズはひとくくりにされていますが、実は前房型のレンズと後房型のレンズの2種類があります。一般的にICLレンズと呼ばれているものは後房型のレンズです。ここでは、眼内コンタクトレンズの種類と違いを紹介しています。レンズの種類によってメリットとデメリットがあるので、眼内コンタクトレンズに興味のある方はぜひ一読してみてください。

他の矯正手術との違い

屈折矯正手術は、ICL治療や、レーシック、PRKなどがあります。
ICL治療と、レーシックやPRKはどう異なるのでしょうか?
ここでは、「治療法」「術後のドライアイ」「元の状態に戻す」「紫外線」「近視の度合い」のテーマで、
ご紹介していきます。

滋賀でフェイキックIOL(ICL)が受けられる2院
※2020年2月調査時点
おぐりクリニック(長浜)
おぐりクリニック長浜院の公式サイト画像
ICL導入時期 2010年
手術費用(片眼) 22万円~
電話番号 0749-65-2377
森井眼科医院
森井眼科医院の公式サイト画像
ICL導入時期 2016年
手術費用(片眼) 33万円~
電話番号 077-522-2153